様々な医療現場で、看護師の数が不足しているという現状があります。そのため、看護師の求人も多く出ており、需要が高くなっています。そんな中、今働いているよりももっとよい待遇で働きたいと考え、キャリアアップを目指すのはよくあることです。活躍できる場が多いなら、もっと自分のスキルを活かしたい、よりよい環境で働きたいと思うのは当然かもしれません。看護師がキャリアアップする方法は色々ありますが、代表的なのが新しい資格を取得する方法です。看護師の仕事は、基本的に准看護師の資格があれば問題ありません。しかし、准看護師の資格だけではやれる仕事が制限されます。正看護師の資格を目指したり、専門的な資格を取得することで仕事の幅が増え、キャリアップできるというわけです。

キャリアアップを目指す人に人気なのが認定看護師の資格です。認定看護師は高度な看護技術と知識を持った、水準の高い看護師が取得できる資格で、救急看護分野や乳がん看護分野、認知症看護分野などで活躍できます。この資格を取得するためには、実務経験期間が5年必要なので、病院などである程度経験を積みながら資格取得を目指すとよいでしょう。他にもがん看護や地域看護などの分野で活躍できる専門看護師や、居宅介護支援事業所や福祉施設などで役立つケアマネージャーの資格も人気です。こういった資格を取得すれば、活躍できる場所も広がります。将来のことを考えてキャリアアップを目指すなら、新たな資格取得にチャレンジしてみましょう。