看護師は高度な知識や技術を持つ専門職として注目されていますが、職場内で専門的なスキルを身につけるうえで、資格取得支援制度がしっかりと整っている職場を探すことが重要となります。例えば、幅広い年齢層の看護師が活躍している医療機関においては、一人ひとりのスタッフの年齢や経験年数、役職などに応じて、様々な資格の取得に向けたサポートを行っているところが多くあります。また、業務の合間に有資格者の看護師が若手の指導をしたり、定期的に資格試験の対策講座を開いたりしている医療機関も珍しくありません。そうした中、看護師として働きながらキャリアアップをしたいのなら、認定看護師や専門看護師など多くの有資格者を輩出している医療機関の取り組みに目を向けることが大事です。

資格取得支援制度の対象となるスタッフについては、それぞれの医療機関の方針によって大きく異なります。そこで、就職をしてから後悔をしないためにも、採用面接を受ける際に就職後の資格取得のためのサポートの有無についてきちんと担当者に説明を受けましょう。現場で看護師として勤務をした後に管理職のポジションに就きたい人については、各医療機関の管理職登用の条件を把握して勤務先を選ぶことがポイントです。なお、資格の種類によって取得できるまでに必要な年数や費用などに大きな差があります。そのため、自力で調べるのもよいのですが、機会があれば実際に自分が目標としている資格を持つ先輩看護師にアドバイスを受けるとよいでしょう。